NMB48てっぺんとったんで!〜AKB48を越えるまでの軌跡〜

NMB48のまとめサイトのようで主観を只々並べるブログのようなもの。 NMB48の情報、Twitter、ぐぐたす、755、2ch、画像、動画をまとめて紹介しています。

    AKB48グループTwitterまとめ

    あくまでも主観的意見で本人の意志とは関係ありませんのであしからず。。。

    お笑いが好きな凪ちゃんにとってはモンスターエンジンとラジオをやれたのは大きい。
    それまではお笑いが好きな子が笑いを取ろうとしてるだけで
    タイミングや間を取るのが決して上手くはなかった。

    この手の子は相手の言葉をおうむ返しする事によって間なりタイミングを段々と
    自分のものにしていく。

    これを良くやってたのが春奈。そして目立ちはしなかったがななたん。

    そのトーク力を持つメンバーが卒業していく中で
    モンスターエンジンとの仕事は狙ってたのか分からないが
    凪ちゃんにとっては大きく、今後活かせる場所が増えていくと思う。

    そして外せないのが愛嬌。

    これも一期生は多く持っていたがそれも段々卒業生が増えることによって
    薄れてきた。
    愛嬌モンスターの一人、柊も卒業が決まっている。
    そんな中で、凪ちゃんの愛嬌は確実に武器になり、それを活かして
    事務所が仕事を取ってくれば大化けすると思う。

    愛嬌だけじゃなくトーク力をつけた凪ちゃんは未知数の可能性を持つ事になる。


    あくまでも主観的意見で本人の意志とは関係ありませんのであしからず。。。

    多分、今のNMBの中で三本の指に入るくらいダンスが上手いゆうみん。

    選抜に選ばれるまでの流れは良かったが、それ以降の運営の推し方には
    手抜きが見えて、本人も戸惑いながらその期間を終えてしまった。

    ダンス選抜と区切ったまでは良かったがそれをどう活かすか
    運営は考えてなかったと思う。

    それ以降、悩み続けてるところが垣間見えるようになったが
    ダンスの才能をもっと表に出してもいいと思う。

    実は歌声も良く、アイドル声で、音域を広げる練習をすれば
    それも武器にする事が出来る。

    そしてスタイルは申し分なく、これも三本の指に入るくらい。

    あとは精神面でまだまだ子供なところをどうやって克服していくか?
    子供な分、反抗期も重なり精神的に波が激しい。

    これが安定すれば確実にもう一皮剥ける。

    飽き性なところも欠点ではあるが、これも反抗期が過ぎて
    学業がなくなれば、また変わっていく可能性がある。

    そう考えると今年は一つの勝負の時で
    本人の意識が変われば大きく化ける。

    NMBの中ではshowroomも積極的にやってるし、アカリンを見習って
    ダンス動画、もしくは講座をやれば需要が生まれるかもしれない。

    それだけダンスで魅了する事が出来るくらいの実力者。

    トーク力も磨けば光る素材を持ってるので運営のやり方次第でもあるが
    まずは本人が出来る限りの事を全てやるべきだと思う。

    それが出来るようになれば、実力、ルックス、ダンスetc…全てにおいて
    三本の指に入る可能性も少なくない。

    あくまでも主観的意見で本人の意志とは関係ありませんのであしからず。。。

    凛々花にとって厄介なのが運営の期待。


    おかげで背伸びをしないといけないから無理が出てくる事がある。

    NMB側だけの期待だったらまだのびのびとやれたかもしれない。


    しかし凛々花にはAKS側からのプレッシャーがある。


    結論から言うと凛々花がコケたらドラフト制度がコケる事に等しい。


    このプレッシャーが邪魔をして凛々花自身が躊躇する場面が垣間見える。

    これがなくなれば凛々花はもう一段上に行ける。


    しかし急成長したのも確かであり、頑張りも見えるが時折、

    すれ違ってる場面がある。


    その一つは関西の壁。


    これは月日が解決してくれる。それまで待つしかない。


    YNNでも信頼されてはいるが凛々花は仕切りは出来るけどツッコミは上手くない。

    そして波を読む力はまだまだでもある。

    話の流れを切ったり大声出せばイケるという節があるが

    それは関西以外の地域から見た関西のノリと思ってるからかもしれない。

    この辺はコミュ力の差でもあり、人間として成長しないと差は埋まらない。

    関西独特の流れは数年ではなかなか掴めないとは思う。

    これは何気にあーぽんにも当てはまる。


    そしてもう一つはファンとの壁。


    凛々花の文才は確かであり魅力がある文面を書ける。

    しかしそれを取り上げてしまった大人のせいで、余計なアンチを生み出してしまった。


    おかげでそれを出す事に躊躇してしまっている。

    一つの武器を取り上げて潰されたに等しい。


    凛々花の野心を潰すのは周りの大人であり、ファンだったらそれから

    守るような応援をするしかないかもしれない。


    百花の突破力に筆頭する野心は大事に扱わないといけない。

    あくまでも主観的意見で本人の意志とは関係ありませんのであしからず。。。

    本来だったら書かずにおこうと思ってたメンバー。
    しかし、来年2017年に大きく飛躍する可能性出て来たので書かざるを得ない。

    約二年前くらいは完全に迷走していたと思う。

    山田菜々卒業を一つのキッカケに、NMBを背負う覚悟が出来た。

    それから足を引っ張られるものの、その意思は強くYouTubeでの
    新しい場所の開拓を始めた。

    背負う意思はアカリンにとって追い風が吹く結果になった。
    一緒に背負うと思ってたけいっちの卒業。
    意思を固めるには十分すぎる出来事だった。

    今年YouTubeで築き上げた土台をこれからどう広めるか?

    そこでの組閣。
    アカリンはチームMに行くことになる。

    そこでまた追い風が吹く可能性が高い。
    それは先日のshowroomで垣間見えた。

    チームNではアカリンを弄れるのはリカちゃんだった。
    しかし近すぎるせいもあって弄り方にも限界があった。
    その限界を簡単に突破出来る百花は別の角度から攻める事が出来る。
    そこで凪咲の子分的ノリが重なるともっと弄り方が変わると思う。
    凪咲の子分的ノリはYNNでも実証済み。

    そこでフォローに入るうどん。同じように巻き込まれる
    可能性があるゆうみん。

    このカオスのようでバランスの取れたチームが出来る。

    アカリンにとっては一皮剥けるチャンスであり、それを
    乗り越える事が出来る女性のしたたかさも持っている。

    YouTubeが安定すれば、ファッション業界も無視できないはず。
    そこで二番煎じが好きな運営にとってはこじはるの後を
    探していれば白羽の矢が立てられる。

    来年大きく吹く追い風に乗れるかどうか?

    勝負の年であり一気に飛躍出来る年でもある。

    あくまでも主観的意見で本人の意志とは関係ありませんのであしからず。。。

    明らかにYNNで実力を付けたなる。

    そもそも公演では面白さが垣間見えてたが、その実力を活かす場所がなかった。
    パフォーマンスも表現に色がついて個人的には選抜の
    センターに持って来てもいい時期だと思う。

    今やYNNの人気コンテンツは、なるで持っていると言っても過言ではない。

    甘辛さんはいつも高得点を稼ぎ出し、先日の24時間でもキッチリ結果を出す。
    今がまさに旬なメンバー。

    性格的に優しすぎる欠点があるが、奥に熱いものを感じる事がある。

    良く柊や凪咲が「かなきちチルドレン」と言ってる事があるが
    実はもう一人の「かなきちチルドレン」がなるだったりする。

    胸の奥はりぽぽと近いと思ってる感じはするが、かなきちのトーク力が
    結構影響されていて、そこにりかちゃんの教育を受けている。
    元々持ってる素直さが良い方向に進んでいた。

    それをどういった形で世に出すかが難しく感じていたがりりぽんの
    「古賀クオリティ」をYNNで出したおかげで簡単に出て来た。
    スタッフもそれを分かった上で、なるには色んな試練を与えている。

    しかし、かなきち、りぽぽ、りかちゃんが積み上げたなるには怖いものはない。

    あとは性格的には難しいかもしれないが、さや姉を視野に入れて
    目標としていけば、センターも夢ではないと思う。

    さや姉は「さや姉」と呼ばれるのを待っている。
    関係ないと思ってると人もいるかもしれないが、そこがNMBで
    さや姉を一人にさせない一つの手段でもある。

    後輩で誰が「さや姉」と呼ぶか?
    次世代という言葉は嫌いだが、敢えて言うならそれが出来てからこそ
    「次世代」が始まると思う。

    それに一番近くにいるのが古賀成美の気がする。

    もし、なるがセンターになればそれなりに話題になる。
    話題になれば確実にYNNの話が出てくる加入者も増えるかもしれない。

    運営は商売するのであればそのくらいするべきだ。

    あくまでも主観的意見で本人の意志とは関係ありませんのであしからず。。。

    美少女から美女に変貌しつつあるモカちゃんこと林萌々香ちゃん。

    先日の24時間でも分かるように出演すれば確実に結果を残すことが出来る
    メンバーの一人だと思う。

    ラジオの経験も生きていて、流れをちゃんと考えることが出来る。
    容姿からは思いつかないほどの、おバカっぷりを見せ
    たまには強引であり、大雑把に見えるけど潔癖症という
    謎な部分が沢山ある。

    それでいて純粋で後輩とも分け隔てなく付き合う事が出来る。
    24時間では最初は戸惑いがあったと話してたが
    他の子からしてみたら浅い地点での悩みで、すぐに打ち解けたと思う。

    仕事となるとちゃんと仕切る事が出来る。
    NMBの中でも仕切りの天才達が抜けた後、上位に位置する。

    それが魅力でもあり、知れば知るほど気になっていく。

    それを表してるのがYNNでもある。

    YNNが今、頼りにしてるのは二期生が多い。
    陽が当たってるようで実際は数人しか当たらなかった二期生。
    加入してから数年経った今、旬が来てると思う。
    今世に出してもおかしくないほどの実力が付いている。

    その一人がモカちゃんである。

    YNNはその実力をつぶさに拾い上げることが出来るが
    NMB運営は大人の事情があってなかなか上手くいかない。

    今、選抜に選ばないといけないメンバーは新鮮さであり
    培った能力が必要である。

    強すぎる個性を上手く使うのは運営の仕事。

    それが出来ればモカちゃんは大きく飛躍する。
    その実力は十分備わっている。

    もう本人が悩んでる位置ではない。
    ひと押しする大人達の決断が必要。

    TIMETABLE
    14:00オープニング
    14:20チームN忘年会
    15:20午後ゴーゴゴーゴゴ
    16:00みんなであそぼう
    16:30五五七の五七五
    17:00チームBII忘年会
    18:00チームN公演「ここ天」千秋楽実況
    21:00見習いシェフのおまかせアクアパッツァ
    22:15THEギョーザ舞踏会
    23:00たこ焼きパーティーフェスティバル祭
    00:301期生
    01:15ナギサプリズン
    02:00矢倉楓子アワー
    03:0018禁女子会
    04:00つんまお
    05:00おはよう吉田編集室
    05:30ウノプリズン
    06:00忍術
    07:00明石サンタ
    08:00茶店のガール モーニング
    09:00朝からうるせえヤツら
    09:4510兆個のギャグを持つ女
    10:00美瑠先生の生体力測定
    11:00輝け!のど自慢
    12:15クイズ!バカ舌ウォーズ
    13:00チームM忘年会
    14:00ペロペロパラダイス
    14:40エンディング
    http://nmb48.com/ynn_chan24htv/

    このページのトップヘ